はちみつを入れるだけ!いつものお米を、おいしく炊く方法

f35a8295325a51edc5a5ed236724b073_s

炊飯器をあけたら、甘い香りの湯気がでて、ふっくらとしたご飯が炊けている……
この瞬間に幸せを感じる人も多いのではないでしょうか!

高級米を10万円以上する高い炊飯器で炊いたり、土鍋や釜などを使えば、おいしいご飯を炊くことができます。

毎日、そんなお米を食べたいですが、結構難しいですよね……
ですが、いつものお米を安い炊飯器でも、おいしく炊く方法があるので紹介します!

 

美味しいご飯を炊くには、はちみつを入れるだけ!

古くなってしまったお米や価格の安いお米を、1万円以下の安い炊飯器で炊くと、お米の甘味が少なくて、パサついた炊きあがりになってしまいます。

おいしくご飯を食べたいという人は、はちみつを加えて炊いてみてください

お米をといだ後に、お米2合に対して、はちみつを小さじ1杯ほどいれて全体に馴染ませます。
30分から1時間ほどそのままにして、米に充分な水分を含ませます。

あとは普通に炊きあげるだけで、ふっくらとした、おいしいご飯が炊けます。

 

はちみつを加えたご飯がおいしく炊ける理由

はちみつを加えて炊いたご飯が、ふっくらと炊きあがる理由は、はちみつに含まれている糖分は強い保水力があり、米に充分な水分を浸透させるため、炊きあがりが高級米や高性能の炊飯器のように、ふっくらとしたご飯になるという訳です!

また、はちみつにはアミラーゼという酵素が含まれています。
アミラーゼは、唾液にも含まれています。このアミラーゼが、お米のデンプンを分解して糖にするので、はちみつを入れたご飯は甘くなるということです。

甘いといっても、はちみつのような甘さではなく、ご飯の甘味を引き出したような味なので、全く気になりません!

お寿司屋さんや料亭などでも、「はちみつを入れてご飯を炊く」というところは多いので、試してみてください。

 

はちみつご飯には、こんな効果も!

はちみつを加えると、ご飯がおいしくなる以外にも栄養面で利点があります。

はちみつに含まれているグルコン酸が腸内に届けば、腸内環境を整える働きをしますし、殺菌力・抗菌力もあるので風邪予防にも効果的です。

いつものご飯に、はちみつを入れるだけなので今日から試してみてください!

はちみつでも、あまり味や香りの強いものだと、ご飯に移ってしまうかもしれないので、味や香りがそこまで強くない種類のはちみつを選んでください!

青空養蜂場のはちみつでは、六甲産のアカシアはちみつがオススメです!

六甲産 アカシアはちみつ ビン 90g

コメントを残す


五 × 6 =

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ