やみつきになる人、続出!ハワイで3%しかとれない幻のはちみつ『ホワイトハニー』

withe_naka

日本では、はちみつは国産のものから海外産の物まで、幅広く販売しています。
青空養蜂場でも、国内の徳之島産はちみつや大阪の都市養蜂で作ったはちみつ、海外産でもニュージーランドのマヌカハニーなどを取り扱っています。

青空養蜂場で取り扱っているはちみつの中でも、ハワイ産で世界最高ランクと言われている「幻はちみつ」ホワイトハニーがあるので紹介します!

「幻」と言われるだけあって、栄養価も高く、おいしいはちみつです!

 

ハワイでも3%しかとれない幻の白いはちみつ

ハワイ島にしか生息していない、KIAWE(キアヴェ)という木の花から採蜜したホワイトハニーは、名前の通りはちみつとは思えないほど、白くなっています。

ホワイトハニーは、ハワイ島の中でも3%しか採蜜できないほど、希少価値の高いはちみつなので、「幻のはちみつ」と呼ばれています。

KIAWEは、純度が高いほど白くなります。これをはちみつにすると、なめらかな舌触りを体感することがきます。
そのため、不純物が混ざらないように細心の注意を払いながら製造します。

通常のはちみつは、加熱をしたり、ろ過をして製造をしますが、ホワイトハニーは加熱やろ過が不要なため、ミツバチが花の蜜を集め、酵素を加えてから、充分に熟成させたタイミングで採蜜をする必要があります。

加熱処理をしないのは、はちみつの栄養素を壊さないためで、無ろ過なのは、はちみつの中にKIAWEの花粉、プロポリスなどを残すためです。
このおかげで、ホワイトハニーは高い栄養価のあるはちみつになります!

希少性、製造方法、そして栄養価の高さから「世界最高ランク」のはちみつと絶賛されています!

 

なめらかな食感がクセになるホワイトハニー

はちみつの多くは、温度が低くなると白く結晶化します。
ホワイトハニーも例外ではなく、しかも急激に結晶化します。

ただし、ホワイトハニーの結晶はきめが細かく、なめらかでしっとりとした食感があります

ホットケーキなどにかけるのもいいですが、結晶の食感を楽しむためにも、そのままスプーンですくって食べたり、パンに塗って食べるのもオススメです!

真っ白なはちみまなので、最初は少し違和感を感じるかもしれませんが、くどくない甘さは、きっと病みつきになるはずです!

青空養蜂場でも、幻のはちみつホワイトハニーを購入することができるので、ぜひ試してみてください!

ホワイトハニー(プレーン) ビン 85g

コメントを残す


+ 七 = 13

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ