寒い季節に最適!整腸作用や風邪予防にも効果のある、はちみつ甘酒の作り方

rice-wine-481965_640

外が寒くなってくると、ホッとするような温かい飲み物が恋しくなってきます。

温かいお茶やコーヒーでもいいですが、より身体を温めるために、はちみつ甘酒はいかがでしょうか!

身体を温めるだけでなく、腸内をキレイにするので便秘やダイエットにも効果があって、風邪の予防にもなります!

 

はちみつ甘酒の作り方

 

材料

  • 酒粕 50g
  • 水 250cc
  • はちみつ 大さじ1~2杯

作り方

  1. 鍋に、ちぎった酒粕と水をいれて弱火に掛ける
  2. 酒粕がペースト状になるように混ぜて、ひと煮立ちさせる
  3. 煮えたら火を止め、はちみつを加えて出来上がり!

 

はちみつの甘さが引き立つ甘酒を飲めば、心も身体もポカポカしてくるはずです

アルコールが苦手だったり、お子様と一緒に飲む時はアルコールのニオイがなくなるまで煮ると、アルコールを飛ばすことができます。

お好みで、生姜や牛乳を加えても美味しく飲むことができます!

 

はちみつ甘酒は、身体を温めてお腹の調子を整える!

はちみつ甘酒は、身体を温めるのはもちろん、お腹の調子を整えることができるので、便秘やダイエットにも最適です!

甘酒の材料になっている酒粕には、ビタミン類やアミノ酸、レジスタントプロテインというタンパク質が含まれています。
このレジスタントプロテインは、胃で消化されにくく、腸内に届き、食物繊維と同じような動きをします。
また、酒粕に含まれている酵母菌は腸内をキレイにする働きがあります!

腸内環境を整える効果のある甘酒に、はちみつをプラスすることで、さらに効果を上げることができます
はちみつには、高い抗菌・殺菌作用があり、善玉菌のビフィズス菌を増やす効果もあるので、お腹の調子を整えます!

はちみつは、酒粕同様にビタミン類も豊富なので風邪の予防にも効果的なので試してみてください!

 

ますます寒くなってくる、この季節にピッタリ!

寒くなると、身体が冷えて体調不良になったり、水分を摂る量が減ってしまうので便秘になりやすくなってしまいます。

はちみつ甘酒は身体を温め、酒粕とはちみつの整腸作用、豊富に含まれているビタミン類で便秘や風邪の予防にもなる冬にピッタリの飲み物です!

作り方も簡単なので試してみてください!

コメントを残す


7 + 三 =

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ