喉が痛い時はフィレンツェ伝統、はちみつリンゴ酢シロップを飲んで治す

107c93b25fe20f81d104116a3c2d347d_s

「風邪気味かな?」「少し喉が痛いな……」と感じて、早めに薬を飲むという人もいるかもしれません。

ですが、なるべく薬に頼りたくないという人や妊婦さんには、はちみつリンゴ酢シロップがオススメです!

簡単に作れて、風邪予防や咳止め、喉の痛みに効果的です!

 

医者いらず!?なイタリアのフィレンツェ伝統のシロップ!

d84e40e524438a1b7a6880b175ca63c4_s

イタリアのフィレンツェでは、風邪気味の時や喉が痛い時などに、はちみつリンゴ酢シロップが家庭で飲まれています

はちみつには、炎症を押さえる抗炎症作用があるので、喉が痛いときに飲むと、痛みやイガイガを抑えたり、咳止めにもなります。

さらに、高い殺菌作用があるので、風邪の原因になっている細菌やウイルスを殺菌して、風邪の初期症状で抑えることができます!

栄養も豊富に含まれているので、風邪気味の時にピッタリです!

リンゴ酢は、お酢の効果で新陳代謝が活発になったり、免疫力を上げる、疲労を回復するという作用があります。

リンゴには、ビタミンCやミネラルなどが豊富に含まれています!

「1日1個で医者いらず」と言われているように、リンゴは身体にいい果物です。

お酢の酸味を甘くして、飲みやすくします。
爽やかな甘さは、はちみつとの相性もバッチリです!

はちみつリンゴ酢シロップなら、おいしく風邪予防や喉の痛みを無くせちゃいます

 

はちみつリンゴ酢シロップの作り方

はちみつリンゴ酢シロップの作り方は、簡単!

なんと、混ぜるだけ!!!

はちみつと、リンゴ酢を同じ量を用意して混ぜます。
覚えやすくていいですね^^

 

寝る前に食べるだけでも効果的!

はちみつリンゴ酢シロップは、喉が痛くなったり、風邪気味かもと感じた時に飲むと効果的です。

3~4時間置きくらいの間隔で食べるのが理想ですが、寝る前に食べても喉の痛みは軽くなります。

「ちょっと風邪っぽいかな?」と感じたら、食べてみてはいかがでしょうか。

薬が飲めない時でも、天然のはちみつとリンゴ酢なら、安心です!

コメントを残す


九 × = 54

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ